離婚における財産分与で譲渡所得税がかかる

何らかの所得が得られた時は税金がかかるようになっています。他人から他人に所得であったり利益分が移動するときは、わかりやすいです。しかし、家族間だとわかりにくいこともあります。それが贈与に係る部分でしょう。贈与税は家族間において行われた時にもかかるようになっています。年間いくらまでならかからない例であったリ、生前贈与などにより税金がかからない、税金を安くする方法があります。取れる方法を探しておきます。

離婚において、財産分与をすることがあります。財産分与は自分たちのものを分ける行為になります。人に渡すわけではありませんから、通常は税金はかかりません。慰謝料などにおいてもかからないようになっています。しかし、不動産の場合においては、譲渡をする側に譲渡所得税がかかるとされています。夫名義の不動産を財産分与で妻にすべて渡す場合、取得価額と、分与時の時価を比べ、時価が高ければ譲渡所得があるとして税金がかかります。

古い土地を持っていて、景気が良い時に分与したりすれば、かなりの譲渡所得が発生し、その上で税金も高くなることがあります。この時になってはじめて税金が高くなることがわかることがあります。あまり税金が高すぎて払えないことがあります。このようなときは、財産分与自体を取りやめることができます。税金の支払い能力を考慮してのことです。ここで譲渡所得がかかるのは素人ではわかりにくいことですが、事前に気づく必要があります。

ピックアップ

Copyright (C)2017離婚が増えている背景と解決方法.All rights reserved.