離婚をして財産分与額は決まったけど払ってくれない

売買契約などを結べば、そのとおりに行うことになります。それに違反した時にはどのようにするなどの取り決めなどもしておきます。そうすることによって、権利を守ることができます。契約書に記すことになりますが、自分にとって有利になるように決めることもあれば、相手に取って有利になっていることもあります。内容を十分確認して決めるようにします。もしお金を支払ってもらえない場合は、取り決めに従って取り立てをしていきます。

離婚をすることになり、財産分与の額も決められました。固定資産分もあることから、一括での支払いはできないと言われ、分割で受け取ることになりました。ある時までは支払いをしてもらえたのですが、あるとき以降ぱったりと支払いが止まってしまいました。この場合はどうすればよいのでしょうか。協議の場合などにおいては、取り決めが口頭などになっているとどうしようもないことがあります。強制的に取り立てられるようにしなければいけません。

協議で行う場合、公正証書にしておけば、その後に強制執行することができます。裁判であったり、調停、和解の場合においては、それぞれで調書が作成されます。その調書を元に地方裁判所に強制執行の申し立てを行うことができます。ではどれくらい取り立てができるかですが、給料に関しては4分の1までとなっています。手取りが44万円を超えるときは、その額から33万円を引いて、その残りを差し押さえることができるとされています。

ピックアップ

Copyright (C)2017離婚が増えている背景と解決方法.All rights reserved.