離婚で不貞行為の相手が事情を知らない時の慰謝料

異性とお付き合いをするとき、誠実に行うのであれば一人のみとになるのでしょう。それが結婚を前提にする、しないは別になるでしょう。しかし、ある人とお付き合いをしていて別に気になる人ができることがあります。この時にしてしまうのが二股や三股と言われる行為です。男性側が行うこともあれば、女性側が行うこともあります。それぞれ時間などをずらして付き合うのでしょうが、鉢合わせをしたりすれば、大変なことになるでしょう。

結婚をしている人になると、当然相手は配偶者のみになります。それ以外の人とお付き合いをするとなると、それは問題です。さらに一定の行為まで及ぶと不貞行為とみなされます。そうなると離婚の理由としても成立します。この時、不貞行為の相手に慰謝料を請求したいと思うことがあります。ポイントとしては、その相手がどういった思いでお付き合いをしていたかです。結婚していて配偶者がいることを知っているなら、請求することも可能です。

しかし、その相手が事情を知らないことがあります。つまりは、結婚をしていない人と付き合っていると思っていた場合です。この場合、不貞行為の相手ではありながら、その人自身は婚姻関係を破綻させようとしたわけではありません。慰謝料に関しては、積極的に婚姻関係を破綻させようとした場合に請求されることが多いです。何も知らない人にはそこまではできません。相手が知らないと言っているだけかもしれませんから、証拠が必要です。

ピックアップ

Copyright (C)2017離婚が増えている背景と解決方法.All rights reserved.